« EeePC 901-X と SSD増量改造 (1) | トップページ | FX相場鍛錬 »

2008/07/20

EeePC 901-X と SSD増量改造 (2)

EeePC 901-X の SSD 交換編。

(2008/11/22 追記) さらにオススメ!EWF + EwfPlus で高速化!。詳しくはこちら
(2008/09/28 追記) いろいろ試した結果、ZIF接続なら、CFカードより高速SSDの方が対費用効果が高いと思われます。高速SSD接続に関してはこちら
(2008/09/29 追記) さらに RAMDISK を使ったチューニングはこちら
(2009/04/13 追記) EeePCでも使える!ガラスコーティングの記事はこちら


1.情報収集と部材調達
 タイムリーなことに、PC Watchに EeePC 901-X へ 1.8インチHDDの内蔵に挑戦という記事が掲載された。ここから、AITENDO PA-CF18Z には、コネクタだけではなく、ZIFケーブルが付属していると判明したので、CFカードとZIFの変換アダプタである PA-CF18Z-EF を注文した。で、ここで微妙に型番が違うことにお気づきだろうか?実は、私が注文したのは、ケーブルなし版のものだったのだ。ZIFケーブルをどうやって入手したのかは後述するが、これから注文する人は気をつけてほしい。
 つぎに、SSDにするCFカードだが、これはやはりできるだけ(特に書き込みが)速くて安いものを選定した。いろいろなサイトのベンチマーク情報を確認したところ、トランセンド・ジャパン 300倍速コンパクトフラッシュカード 16GB TS16GCF300 をチョイス。これだと、どうやら EeePC 901-X の C: と同等以上らしい。もっと速いCFカードも存在するが、16GB以上がなかったり、あまりにも高くて「あの32GBのSSD買えるじゃん・・・」という状況だった。

2.ZIFケーブルの調達
 前述したように、届いた部材にケーブルがなかった。ビックリですわ!確認したところ、購入したサイトにはしっかり「ケーブルないよ」の文字が・・・。誰を責められるわけでもなく、もうやる気満々状態だった私はケーブルを探しに出かけることにした。
 京都在住のため、まずは寺町電気屋街のパソコンショップに片っ端から電話した。結果は全滅。こうなるとやはり大阪まで出かけるしかない!とはいえ、梅田のヨドバシとかにあったら楽だなぁ・・・というわけで電話してみた。折り返し連絡とのことなので、とりあえず在庫みてもらっている間に大阪方面へ向かった。
 まぁ、なかったんだけどね。
 で、日本橋(恵美須町駅)に着いたので、J&Pテクノランドにはおそらくないだろうなぁ・・・と思い、難波方面にしらみつぶしに見ていった。で、絶望したね。かろうじて同じ型の変換アダプタを1店舗で見つけただけで、もう全くの空振り。何よりも驚いたのは、一般的なPCショップがほとんどで、昔のように変わったもの・キワモノを扱っている店が全くと言っていいほどなかったこと。はっきりいって、絶望した!
 で、トボトボと帰ろうかな・・・と思ったときに、ダメ元でJ&Pテクノランドに寄ってみることにした。で、まず1FでノートPCのジャンクがいっぱいおいてあったので、ZIF 使ってそうなノートPCを探したものの、ほぼすべてがA4型だったので、やはり空振り。4Fのパーツコーナーに向かった。
 あるとしたらこのあたりかな・・・と思ったところを見てみると、なんと、同じ型のアダプタがあるじゃないですか。おぉ、ここでも扱ってるんだ・・・今日2店舗目だよ。と感動しつつ、よく見てみると、なんと、しっかりとケーブルが同梱されているではないですか!もう、小躍りして買いましたね。ケーブルの予備もかねて、ZIF->HDD変換アダプタもあったのでそちらも買っちゃいましたよ!
 というわけで、関西付近の方で、同じことをしようとされている方。J&Pテクノランドはおすすめですぜ!

3.交換の実行
 無事にすべての部材を調達できたので、いよいよ分解することにした。とはいえ、先ほどの PC Watch の記事 では、分解の手順がよくわからなかったので、ほかのページを探したところ、こちらのページを発見した。写真も豊富で、解説も丁寧だったので大助かり。早速分解した。
 で、もともと内蔵していたSSDだが、今回は思いきって両方とも外すことにした。もったいない気もするが、次のような理由から今回は割り切った。
 ・PC Watch の記事では C: とコンクリフトすると記載があった。
 ・こちらのページでは D: とコンクリフトすると記述があった。
 ・当面の利用目的には、16GBで事足りる。
 実は別のサイトでは、3つのドライブが認識して動作しているスクリーンショットもあったのだが、まずは安定動作を目標にしたかったので、こういう選択をした。
 交換してから困ったことは、CFカードアダプタを固定するねじがないこと。これは近日中に、絶縁スポンジでも買ってきて固定しようと思う。

4.交換後の動作
 前回の記事と同様、Windows XP をインストール。いやぁ、体感速度が明らかに違います。環境構築をした後のディスク状態と、ベンチマークを掲載。

ディスクのプロパティ

ベンチマーク

 これで、使い物になる容量・動作速度のネットPCが完成した。ディスク容量も少し余裕があるので休止状態も利用できるし、書き込み速度は遅くとも許容範囲内。SSDのため振動などにも強い、いいバランスに仕上がったのではないかと思う。今回は部材調達でミスがあったため、実際はもう少しかかっているが、約10万円弱でこの状態になるというのは、とても良いのではないかと思う。
 これは余談だが、もし、耐障害性よりもディスク容量を求めるなら、HP 2133 Mini-Note PC のハイパフォーマンスモデルの方がいいかもしれない。

|

« EeePC 901-X と SSD増量改造 (1) | トップページ | FX相場鍛錬 »

コメント

こちらの記事参考にして3ドライブ認識動作、チャレンジさせていただきます!
うまくいくといいなぁ…。

投稿: GRIFIS | 2008/08/03 06:20

3ドライブ、うまくいったらぜひ教えて下さい!
C: (4GB)との共存はうまくいきました。これがうまくいくかどうかは、他のサイトで見たところ、どうやらCFカードの種類に依存するようです。てっきり、アダプタに依存すると思ってました・・・

投稿: a.out | 2008/08/03 08:48

見事撃沈しました!(TT
CFカードによるのか…もしよろしければごらんになったサイトURL教えていただけませんでしょうか?

投稿: GRIFIS | 2008/08/06 12:09

…ふといろいろ調べてたらどうもケーブルが怪しそうな予感。
CF変換アダプタに付属してたフィルムケーブル、
青い絶縁フィルムが同じ面じゃなく互い違いになってるんですが。
露呈している金属端子にあわせてセットすると、チャレンジしてる皆さんとCFアダプタの向きが裏返しになってるようなので、同じ面に青い絶縁付いてるケーブル手配してみます(--;

投稿: GRIFIS | 2008/08/07 15:30

3ドライブのスクリーンショットがあったサイトですが、ブックマークをしておらず、再度探してみたのですが見つかりませんでした。Buffaloの増設SSDの記事に追いやられちゃったみたいで・・・
海外のサイトだったんですけどね。

投稿: a.out | 2008/08/07 22:17

やはりケーブルの問題でした。
当方でもケーブル交換にて標準4G+CF16Gまでは問題なく認識。
問題は3ドライブにした時のCFをどう収めるか…
思案中です。

投稿: GRIFIS | 2008/08/09 09:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45599/41913136

この記事へのトラックバック一覧です: EeePC 901-X と SSD増量改造 (2):

« EeePC 901-X と SSD増量改造 (1) | トップページ | FX相場鍛錬 »